私たちはひとりひとりの育ちを見つめ応援します

保育活動アルバム

保育活動アルバム

植えたさつま芋から、、、(さくら組)

2018.10.31

1学期に皆で植えたさつま芋。土の中で大きくなったので、お芋ほりを楽しみました!
スコップを力いっぱい握りしめ、そーっとそーっと土を掘りましたよ。
出てきたお芋の頭を32人の目が見つめます、、、しーんとなって、どんなお芋が出てくるかなー?ドキドキワクワク♡スポン!と抜けた、お芋の小ささに大爆笑!!!
とても楽しいお芋ほりが楽しめました。

そのお芋を部屋の中でも楽しみたくなった子ども達。
「おいもをそのまま置いといたらいい!」「でも、腐るんちゃう?」「じゃあ、ビニール袋に入れたら大丈夫ちゃう?」「ビニール袋に水を入れて、その中にさつま芋入れといたらいいねん!」と話し合いになりました。
でもお芋は8本しかなく、「紙で作ったらいいねん!」「紙はペラペラやからダンボールの分厚いやつで作ったらいいねん!」とそれぞれに考えて、思い思いの素材を使って、おいもをどう貼るかの話し合いになり、「土の中に芋いるから、箱の中にいも入れたらいいねん!」など、出てきた意見をまとめて、箱に茶色を塗り、その中にお芋をいれました。
葉っぱは本物を付けたかったのですが、枯れてしまうので、本物の葉に絵の具を付け版画にしてお芋に付けることとなりました。

32本の可愛いゴロゴロお芋がさくら組に並んでいます。

そのお芋から、収穫祭であるハロウィンパーティーをやろう!と言う事になり、またまた、皆で何を作ろうか、話し合うと「魔女つくりたい!」「ゾンビがいい~」「ゾンビ怖いやん」などなど!
話し合いの結果、紙など色々な素材を使って、可愛いコウモリやネコなどとっても楽しいパーティーの参加者が出来ました。
また、お部屋を覗いてみてくださいね!!

一覧へ戻る